OSAKA-TOM’s diary

古墳散策

栗塚古墳

奈良市高樋たかひ町の割塚古墳、栗塚古墳、弁天塚古墳。2022.10.6(木)。

]

割塚古墳

奈良市高樋町。古墳時代前期~中期(4世紀後葉~5世紀)の円墳。径約30m・高さ3.8m。未調査で詳細不明。

*下の写真の「北側墳裾のテント」は、発掘現場と思いきや、椎茸栽培木の保護カバーでした。

南望           西望           北側墳裾のテント     北東望

    *PCなら画像をクリックすると拡大されます(スマホならピンチ拡大して下さい)。

栗塚古墳

奈良市高樋町。古墳時代前期(4世紀中葉?)の前方後円墳。前方部を南東に向け、復元全長100m、後円部径60m(現状30m程)・高さ8m(現高3m前後)、前方部幅50m・高さ3m。現状は後円部が果樹園。前方部の北東側は殆ど畑になっており、現状の前方部幅は20m程と思われる。

南東望          南望            案内(上が南)       北西望

弁天塚古墳

奈良市高樋町。6世紀後半の円墳。径約17m。両袖式の横穴式石室で南側に開口、全長約8m、羨道長3.9m・幅1.5m・高さ1m、玄室長4.1m・幅2.2m・高さ2.1m。完全予約制の和食店の敷地内で、「予約客以外立入禁止」。知らずに訪れ、店主に許可を得ようとしたが、ケンもホロロに断られた。この店は21年目になるらしい。予約して食事をすれば見れるかも・・・?