OSAKA-TOM’s diary

古墳散策

コロコロ山古墳

JR桜井線・近鉄大阪線桜井駅の南東1.5km程にある鳥見山(とみやま=標高約245m)一帯を囲むように点在する古墳の一つがコロコロ山古墳

[http://]

奈良県桜井市高田 。1984(S59)に発見、1985年(S60)に発掘調査されている。元は一辺30m・高さ3m、6世紀末~7世紀初頭の方墳で、現在の西側住宅地(桜井市阿部)にあったが、1987年(S62)に両袖式の横穴式石室が移築保存された。フェンスで囲われているが、扉は施錠されておらず石室の見学は可能。

2018年4月9日(月)一度訪問しているが、当時施錠されていると思い込み入室しなかったので、2022年6月17日(金)再訪。2018年当時、真っ白だった案内が新しくなっていた。

 南東望         東望           フェンス         案内

    *PCなら画像をクリックすると拡大されます(スマホならピンチ拡大して下さい)。

石室は全長11m、羨道長5.65m・幅1.75m・高さ不詳。

玄室は長さ5.35m・幅2.5m・高さ不詳。天井部は失われており、代わりにコンクリートで覆われている。しかしながら、剥き出しになった側壁は、構築途中の様相で、側壁の構造が見れる点は貴重かも・・・・・。

玄室           西側壁          東側壁          覆い屋

東側壁奥側上部      玄門側上部        西側壁上部

左袖部        右袖部       楣石         羨道 

なお石室内で、初葬時の副葬品として耳環・ピンセット状鉄製品・鍔・土器等、追葬時の副葬品として金銅製刀子・鉄斧・土器等があったらしい。

コロコロ山古墳(桜井市阿部) - 一般社団法人 桜井市観光協会公式ホームページ